自立立体駐車場が平面駐車場と比較して良い点と悪い点 - スペースを有効活用する自立立体駐車場

自立立体駐車場が平面駐車場と比較して良い点と悪い点

大規模な商業施設や集合住宅の中には、敷地内に自立立体駐車場を設置しているところがあります。


これが一般的な駐車場にあたる平面駐車場より優れている点としてまず挙げられるのは、狭い敷地でありながら多くの車両を収容することができる点です。


平面駐車場でたくさんの車両を収容するためには、それだけ大きな敷地を用意しなければなりませんが、自立立体駐車場は高さを利用でき、収容台数を増やしたければ必要な手続きをとった上で増築をすれば良いからです。
また、駐車場の収容可能台数に対して、使用を希望している人が多いと、抽選によって駐車場の割り当てを決めることがあります。

自立立体駐車場に関するサポートサイトはここです。

平面駐車場だと抽選でもれる希望者が多く発生し、不満を持つ人も多くなる可能性がありますが、自立立体駐車場を設置すれば、抽選でハズレにしなければならない希望者の数が減り、不満を抱く人も少なくなる可能性があります。



一方で、余裕をみて収容台数を想定してから自立立体駐車場を設置する方法もありますが、ケースによっては高層の立体駐車場となってしまいます。


高層の立体駐車場は、収容台数は多くなりますが、高層階になるほど入出庫に時間がかかるようになり、利用者の中から不満を持つ人が出る可能性があります。



自立立体駐車場は構造上、駐車できる車両に制限を加えなければならないことも、立体駐車場と比較した悪い点といえます。もし、立体駐車場を設置するのであれば、高さと重量の制限を意識し、施工業者とよく相談して構造を決めるようにしましょう。