自立立体駐車場は人口集中部で多く設けられています

現代では、車を所有している企業や個人が多く、それだけに合法的に車を駐車する施設を確保することが求められています。
都会部ではスペース制約の関係もあって、平面駐車場だけでなく、立体駐車場も多く見られます。同じスペースであっても、車の収容台数が大きく異なっています。

この立体駐車場は、大きく分けて、自走式立体駐車場、すなわち自立立体駐車場と機械式立体駐車場に分けられます。

自立立体駐車場とは、機械を使わないで駐車場内を車が走って、入庫や出庫をする形になっています。3つのタイプに分かれます。

自立立体駐車場関連情報を解説します。

まずはフラット式です。



これは、フラットな駐車スペースを専用のスロープでつないだものです。

駐車場内を見通しやすいところから、駐車がやりやすいという特徴があります。


床がフラットになっていますので、子供や高齢者、障害者にも優しい構造になっています。また、スキップ式というタイプもあります。

これは、段違い状態にあるフラットな駐車スペース同士を、スロープで接続している構造です。
スロープ部分が短いことから、運転初心者にも走りやすいものとなっています。


さらに、螺旋状のスロープに面して駐車スペースを設けているタイプのものとして、連続傾床式があります。


専用のスロープが不要ですので、スペース効率が非常に向上するのが特徴です。なお、平面駐車場とはフラットな土地を使った駐車場のことです。



青空駐車場と屋根のついた駐車場とがあります。

平面駐車場は、建設するためのコストが低く、同時に、維持費が安価である点が大きなメリットとされています。
この点は、自立立体駐車場と大きく異なっている部分です。